〔マイコレクション763〈SLオブジェ〉D51237煙室扉〕

今回紹介するのは、〈SLオブジェ〉の「D51237煙室扉」である。この「D51形蒸気機関車237号機」は、札幌・苗穂工場で昭和13年9月から12両新造されたD51形蒸気機関車のうちの1号機である。新造後は、岩見沢機関区を振り出しに、函館―長万部―小樽築港と道内各機関区を転属し、昭和49年7月に廃車となった。現在は、JR北海道苗穂工場内の北海道鉄道技術館屋外で静態保存されている。ちなみにこの〈SLオブジェ〉は、機関車前面オブジェの一部の「煙室扉」で、大きさは、径30㌢の鉄製である。

●〈SLオブジェ〉D51237煙室扉(表)P6120898.JPG
●〈SLオブジェ〉D51237煙室扉(裏)P6120902.JPG
●北海道鉄道技術館の屋外で静態保存されている「D51形蒸気機関車237号機」(煙室扉)P6120901.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント