JR北海道「北海道新幹線乗務員シュミレーター」を導入。

続いては、「JR北海道“北海道新幹線乗務員シュミレーター”を導入」の話題を一つ。JR北海道は1月14日の記者会見で、北海道新幹線の運転士と車掌の運転技術や異常時の対応力強化に向け、「新幹線乗務員シュミレーター」を導入したことを明らかにした。導入費は約4億1千万円で、昨年11月に北海道新幹線車両基地内の函館新幹線運輸所に設置したという。ちなみに、この「シュミレーター」は新幹線路線を持つJR各社がそれぞれ保有しており、JR北海道だけが持っていなかった。そのため、JR北海道の運転士や車掌はJR東日本のシュミレーター施設などへ出向いて訓練していたという。なお、訓練は約40種類に対応する訓練ができるようになっていて、函館新幹線運輸所所属の運転士32人と車掌21人が年2回訓練に利用するという。

●昨年の11月に導入された「北海道新幹線乗務員シュミレーター」P1150816.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント