JR日高本線・浦河駅で「写真展~日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景~」今日から開催。

続いては、「JR日高本線・浦河駅で“写真展~日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景~”今日から開催」の話題を一つ。浦河町立郷土博物館では、日高管内の重要な交通機関であったJR日高本線を振り返る企画展「写真展~日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景~」を今日から開催する。このJR日高本線は、室蘭本線の苫小牧駅から海沿いを走り様似駅に至る全長1…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「2021年度線路集中メンテナンス日」設定。

今日は、「JR北海道“2021年度線路集中メンテナンス日”設定」の話題を一つ。JR北海道では、設備の老朽化および保線作業員の人材確保が困難な状況等を踏まえ、持続的な線路の維持に必要なメンテナンスを効率的かつ安全に施工するため、昨年度から日中時間帯の列車を運休し、連続した作業時間を確保することにより集中的な修繕工事を実施している。今年度は…
コメント:0

続きを読むread more

JR函館本線・苗穂駅北口からの「全天候型空中歩廊」来月から利用開始。

続いては、「JR函館本線・苗穂駅北口からの“全天候型空中歩廊”来月から利用開始」の話題を一つ。札幌市の都市再生を進める〈苗穂駅北口西地区優良建築物等整備事業〉の一環として「全天候型空中歩廊」(約200㍍)を整備してきたが、3月4日(木)から歩行者の利用を開始するという。この「全天候型空中歩廊」の完成により、歩行者の回遊性や利便性の向上を…
コメント:0

続きを読むread more

「レトロゲーム」、JR北海道の観光列車盛り上げに一役買う。

今日は、「“レトロゲーム”、JR北海道の観光列車盛り上げに一役買う」の話題を一つ。釧網本線の“網走―知床斜里間”を結ぶJR北海道の季節列車・流氷物語号の運行が2月28日で終了する。今季は、昭和50年代後半にファミコンソフトでブームになった推理アドベンチャーゲーム「オホーツクに消ゆ」とのコラボ企画を初めて実施し、盛り上げに一役買っている。…
コメント:0

続きを読むread more

東北新幹線全線再開「北海道新幹線新青森駅乗り継ぎ必要」。

続いては、「東北新幹線全線再開“北海道新幹線新青森駅乗り継ぎ必要”」の話題を一つ。福島・宮城両県で震度6強を観測した地震で運休していた東北新幹線は、2月24日に全線再開した。しかし、一部区間で速度を落として運転する影響で、「北海道新幹線」は当面の間、13往復のうち“新青森―新函館北斗間”の1往復が運休する。また、“東京・仙台―新函館北斗…
コメント:0

続きを読むread more

北海道内大雪「JR381本運休」。

今日は、「北海道内大雪“JR381本運休”」のニュースについて。冬型の気圧配置が強まった影響で、道内では2月24日、石狩や空知管内で大雪となった。特に岩見沢駅では積雪が一晩で56㌢にもなり、除雪が追いつかず、JR北海道は特急58本を含む「381本」を運休した。中でも、JR函館本線の“岩見沢―峰延間”では大雪のため、23日夜から列車が立ち…
コメント:0

続きを読むread more

はこだてわいん、「北海道新幹線開業5周年特別ラベルワイン」限定発売。

今日は、「はこだてわいん、“北海道新幹線開業5周年特別ラベルワイン”限定発売」の話題を一つ。3月26日の北海道新幹線開業5周年に合わせ、車両基地がある七飯町内のワインメーカーはこだてわいんは3月1日から、青函トンネル内で熟成させた「北海道新幹線開業5周年特別ラベルワイン」を限定発売する。このワインは、青函トンネルの海面下283㍍で約1年…
コメント:0

続きを読むread more

函館市電の利用者、1月は前年同月比「45%減」。

続いては、「函館市電の利用者、1月は前年同月比“45%減”」の話題を一つ。函館市電の1月の乗客数は、前年同月比「45%減」の24万9000人だった。例年だとイベントや買い物などで市民需要があるが、新型コロナウイルス感染拡大による出控えも多く、首都圏などの緊急事態宣言の延長もあり観光需要も皆無、市交通部は『1月で25万人を下回るのは記憶に…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、駅舎内および車両内に「ひな飾り」装飾実施中。

今日は、「道南いさりび鉄道、駅舎内および車両内に“ひな飾り”装飾実施中」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、3月3日の桃の節句に向けて地域応援隊の皆さんにより、一部の駅舎待合室および車両内で春に向けた季節感を味わってもらおうと「ひな飾り」の装飾を実施している。 〈実施内容〉 ○駅舎:木古内駅・上磯駅・五稜郭駅売店 ○車両:なが…
コメント:0

続きを読むread more

在来線特急の北斗&おおぞら&とかちで「えきねっと会員限定おトクなきっぷ・お先にトクだ値」を設定。

今日は、「在来線特急の北斗&おおぞら&とかちで“えきねっと会員限定おトクなきっぷ・お先にトクだ値”を設定」の話題を一つ。JR北海道では、“札幌―函館間”の特急北斗、“札幌―釧路間”の特急おおぞら、“札幌―帯広間”の特急とかちを対象に、「えきねっと会員限定おトクなきっぷ・お先にトクだ値」を期間限定で設定するという。全国の鉄道ファンの皆さん…
コメント:0

続きを読むread more

「北海道&東日本パスおよび北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」の発売について。

今日は、「“北海道&東日本パスおよび北海道&東日本パス北海道線特急オプション券”の発売について」の話題を一つ。JR北海道とJR東日本では、今年も春季・夏季および冬季に「北海道&東日本パス」を発売する。さらに、「北海道&東日本パス」と併用することで、北海道新幹線の立席(空席)と北海道内の特急列車の普通車自由席が1日間乗り放題となる「北海道…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「日高本線バス転換交通概要」発表。

今日は、「JR北海道“日高本線バス転換交通概要”発表」の話題を一つ。JR北海道と日高町村会、日高地域広域公共交通確保対策協議会は2月18日、日高振興局で合同記者会見を開き、JR日高本線“鵡川―様似間”(116㌔)の廃止に伴い4月から運行する転換バスや既存の路線バスを含む、新たな交通体系の「日高本線バス転換交通概要」を発表した。それによる…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション816〈壁掛けミラー〉D5119(2個)〕

今回紹介するのは、「D5119」の〈壁掛けミラー〉(2個)である。この「D51形蒸気機関車19号機」は、昭和11年3月に汽車製造大阪で新製され、鉄道省仙台局に配属され、盛岡機関庫で使用開始された。その後、東北各地の機関区を転属し、昭和44年3月31日に秋田機関区で廃車となった。ちなみに、色はベージュ色で、大きさは縦30㌢×横21㌢×鏡部…
コメント:0

続きを読むread more

北海道新聞社「写真集~日高線の記憶~」発売。

今日は、「北海道新聞社“写真集~日高線の記憶~”発売」の話題を一つ。JR日高線“鵡川―様似間”(116㌔)の廃止・バス転換が4月1日に迫る中、北海道新聞社は2月19日、「写真集~日高線の記憶~」(B5判・96ページ・1320円)を出版する。写真約100点をオールカラーで収録、サラブレッドの牧場や太平洋の荒波が打ち付ける海岸部、浜に敷き詰…
コメント:0

続きを読むread more

〈最近購入した鉄道関係本39〉2015/8 運転協会誌674~トロッコ列車特集号~。

今回紹介する本は、平成27年8月1日に(一般社団法人)日本鉄道運転協会が発行した「運転協会誌674~トロッコ鉄道特集号~」(56ページ・税込520円)である。 ●2015/8 運転協会誌674~トロッコ鉄道特集号~(表紙) ●2015/8 運転協会誌674~トロッコ鉄道特集号~(目次) ●2015/8 運転協会誌674~トロッ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション815〈額付〉日本国有鉄道案内図(北海道・複製品) 昭和33年1月現在〕

今回紹介するのは、国鉄の旧客車内に掲示されていた〈額付〉の「日本国有鉄道案内図(北海道・複製品) 昭和33年1月現在」である。このころの国鉄北海道の総延長は約4000㌔もあり、国鉄全盛期といわれていたころである。なお、現在の総延長は約2500㌔といわれている。ちなみにこの「日本国有鉄道案内図」の大きさは、縦39㌢×横53㌢である。 …
コメント:0

続きを読むread more

釧路市立博物館、新着資料ミニ展示「太平洋石炭販売輸送臨港線」展示期間延長。

続いては、「釧路市立博物館、新着資料ミニ展示“太平洋石炭販売輸送臨港線”展示期間延長」の話題を一つ。大正14年に開業し、昭和・平成と太平洋炭砿(現在の釧路コールマイン)の石炭を中心に輸送し、炭鉱と港湾、そして釧路地域の発展に寄与してきた鉄路〈太平洋石炭販売輸送臨港線〉(旧釧路臨港鉄道)。平成31年3月末での輸送終了、4月6日のさよならセ…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅あびらD51ステーションで「キハの日イベント」好評開催中。

今日は、「道の駅あびらD51ステーションで“キハの日イベント”好評開催中」の話題を一つ。安平町にある道の駅あびらD51ステーションでは、「キハの日イベント」を開催している。 ○開催日 2月11日(木・祝)~14日(日)まで ○会 場 安平町・道の駅あびらD51ステーション ○開催内容 ・キハ183系写真展 ・鉄道お宝市…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション814〈実物大レプリカサボ〉あさひかわ(旭川)―なよろ(名寄)&なよろ(名寄)―あさひかわ(旭川…

今回紹介するのは、平成12年にJR北海道が運行を開始した臨時観光列車「塩狩峠さくらノロッコ号」(旭川―塩狩・名寄間)の〈実物大レプリカサボ〉の「あさひかわ(旭川)―なよろ(名寄)&なよろ(名寄)―あさひかわ(旭川)」である。この列車は、観桜時期の週末や祝日に運行された臨時観光列車で、残念ながら現在は運行していない。ちなみにこの〈サボ〉の…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「SL冬の湿原号の現状と今後について」を発表。

今日は、「JR北海道“SL冬の湿原号の現状と今後について”を発表」の話題を一つ。JR北海道はこのたび、「SL冬の湿原号の現状と今後について」を発表した。 〈「SL冬の湿原号」の運行について〉 ○運行開始:平成12年1月8日 ○運行区間:JR釧網本線・釧路―標茶間 ○列車編成:C11形蒸気機関車171号機+指定席5両(2号車カ…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション813〈モノクロ写真パネル〉国鉄小樽築港機関区の「C62形蒸気機関車2号機」〕

今回紹介するのは、昭和47年1月31日に国鉄小樽築港機関区で撮影された「C62形蒸気機関車2号機」の〈モノクロ写真パネル〉である。このスワローエンゼルで有名な「C62形蒸気機関車2号機」は、急行ニセコ(函館―札幌間・山線経由・昭和46年9月15日廃止)を3号機との重連で牽引し、全国の鉄道ファンには大人気の機関車であった。ちなみ、この〈モ…
コメント:0

続きを読むread more

JRグループ「青春18きっぷ&青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」発売。

続いては、「JRグループ“青春18きっぷ&青春18きっぷ北海道新幹線オプション券”発売」の話題を一つ。JRグループでは、「青春18きっぷ&青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を発売する。 ○「青春18きっぷ」の発売 〔発売期間と利用期間〕 〈春季〉 ・発売期間: 2月20日(土)~ 3月31日(水)まで ・利用期間: …
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線延伸に伴う「札幌駅北口広場等改修工事」について。

続いては、「北海道新幹線延伸に伴う“札幌駅北口広場等改修工事”について」の話題を一つ。JR北海道・札幌新幹線工事事務所等は、北海道新幹線の延伸に伴う「札幌駅北口広場等改修工事」を令和4年度完成を予定に行っているので、工事へのご理解とご協力をお願いしたいという。 ●「札幌駅北口広場等の改修工事のお知らせ」のチラシ
コメント:0

続きを読むread more

JR宗谷本線・音威子府駅の「名物駅そば」閉店。

今日は、「JR宗谷本線・音威子府駅の“名物駅そば”閉店」の話題を一つ。JR宗谷本線の音威子府駅構内にある創業80年を超える名物そば店・常盤軒が店主が亡くなり、2月8日をもって閉店した。昭和8年に先代が創業し、昭和50年ごろに3代目として父から店を受け継いだ店主は、村特産の黒いそばと、昆布と煮干しをだしに使った濃いつゆが特徴の〈音威子府そ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「第13回鉄道中古部品販売」開催。

今日は、「JR北海道“第13回鉄道中古部品販売”開催」の話題を一つ。JR北海道は、『北の大地を走り抜け、現役を引退した車両を解体した部品を数量限定で販売!』との趣旨で、「第13回鉄道中古部品販売」を開催する。全国の鉄道ファンの皆さん、毎回、販売開始と同時に売り切れ続出の貴重な〈鉄道中古部品〉をゲットしませんか。 ○開催日時 2月…
コメント:0

続きを読むread more

422 国鉄キ100形ラッセル車(単線用ラッセル式雪かき車)の「運転操作」。

〈国鉄キ100形貨車〉は、かつて鉄道省・国鉄およびJR北海道に在籍した事業用貨車(単線用ラッセル式雪かき車)である。この〈国鉄キ100形〉は、国鉄初の単線用鋼製ラッセル除雪車として、昭和3年12月28日から昭和31年にかけて176両が北海道苗穂・大宮・浜松・土崎・郡山の各国鉄工場と、飯野産業・立山重工業において製造された。また、昭和28…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道、3月13日「ダイヤ改正」。

今日は、「道南いさりび鉄道、3月13日“ダイヤ改正”」の話題を一つ。道南いさりび鉄道では、沿線住民や観光客の足として重要ないさりび鉄道線の「ダイヤ改正」を3月13日に行う。 〈ダイヤ改正の概要〉 ○通勤・通学利用の利便性を向上する ・函館からの木古内行き1番列車を6時50分発に変更する ・函館発7時7分木古内行きは、上磯止ま…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の特急「北斗&おおぞら」の一部来月から減車。

続いては、「JR北海道の特急“北斗&おおぞら”の一部来月から減車」の話題を一つ。JR北海道は2月4日、“札幌―函館間”の特急「北斗」と“札幌―釧路間”の特急「おおぞら」の一部を3月1日から1~2両減らし、それぞれ5両編成にすると発表した。これは、新型コロナウイルス感染拡大による需要減少を受けたコスト削減の一環で、減車は3月13日のダイヤ…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の「無人駅18駅」地元自治体管理へ。

続いては、「JR北海道の“無人駅18駅”地元自治体管理へ」の話題を一つ。JR北海道は4月から、新たに「無人駅18駅」を地元の自治体管理に移行するという。JR北海道は経費削減に向け、1日3人程度以下の利用の少ない「無人駅」の見直しを進めており、維持管理費を地元自治体がすべて負担する〈自治体管理駅〉は、これにより、これまでの1駅から19駅に…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の新造観光列車「ラベンダー編成」札幌到着。

今日は、「JR北海道の新造観光列車“ラベンダー編成”札幌到着」の話題を一つ。JR北海道が新造した観光列車「ラベンダー編成」5両が2月4日朝、車両製造工場がある神戸市から札幌市内にJR貨物の機関車に牽引されて回送された。今回は、大雪の影響で約半月遅れの到着となった。この「ラベンダー編成」は、落ち着いた紫色で、4月から“札幌―富良野間”の臨…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション812〈ポストカード&国労ワッペン〉国民の足=国鉄を守ろう(7枚セット)〕

今回紹介するのは、国鉄の分割・民営化に反対し国鉄を守る国民会議が定価300円で販売した「国民の足=国鉄を守ろうポストカード」(7枚セット)である。内容は、北は北海道から南は九州までの代表的な廃止対象路線の写真7枚セットである。また、もう1点は当時の「国労ワッペン」である。 ●〈ポストカード&国労ワッペン〉国民の足=国鉄を守ろう(7…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション811〈東宝“駅STATION”製作記念〉記念入場券~国鉄特選ブルートレイン「駅号」~(3枚セッ…

今回紹介するのは、東京駅旅行センターから発売された〈東宝“駅STATION”製作記念〉の「記念入場券~国鉄特選ブルートレイン“駅号”~」(3枚セット)である。内容は、昭和56年8月21日(金)~30日(日)までの9泊10日の日程で運行された「ブルートレイン“駅号”日本一周の旅」の「記念入場券」(3枚セット)である。ちなみに、この映画「駅…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション810〈映画チラシ〉鉄道員(ぽっぽや)2枚〕

今回紹介するのは、平成11年6月5日に封切られた高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」の〈映画チラシ〉2枚である。舞台が、北海道のJR根室本線“幾寅駅”(映画では幌舞駅)で、私の大好きな感動の一作である。 ●〈映画チラシ〉鉄道員(ぽっぽや)2枚
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「留萌本線一部存続は難しい」と正式伝達。

続いては、「JR北海道“留萌本線一部存続は難しい”と正式伝達」の話題を一つ。JR北海道は2月2日、廃止・バス転換方針の留萌本線(深川―留萌間・50.1㌔)に関し、地元が要望する深川市と空知管内沼田町間の「一部存続」について「部分存続は難しい」との従来方針を沿線4市町に正式に伝えた。これにより、廃止をすでに容認している留萌市は今後、存続協…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道「日高本線記念入場券」先行発売。

続いては、「JR北海道“日高本線記念入場券”先行発売」の話題を一つ。JR北海道は、今年の3月31日をもって営業終了を迎える日高本線(鵡川―様似間)のこれまでのご利用に感謝を込めて、「日高本線記念入場券」を発売する。今回は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、駅での発売に先行して郵送発売をするという。全国の鉄道ファンの皆さん、貴重な「記…
コメント:0

続きを読むread more

美唄市郷土史料館で第75回特別展「美唄鉄道の60年」開催。

今日は、「美唄市郷土史料館で第75回特別展“美唄鉄道の60年”開催」の話題を一つ。美唄市にある美唄市郷土史料館では、第75回特別展「美唄鉄道の60年」を開催する。炭礦鉄道に関心のある方、ぜひ見学してみては。 ○開催期間 2月5日(金)~3月21日(日)まで  ○開催時間 9時~17時まで ○期間中の休館日 毎週月曜日およ…
コメント:0

続きを読むread more

グリーンマックス、Nゲージ「JR北海道キハ54形500番代」5種類を販売。

続いては、「グリーンマックス、Nゲージ“JR北海道キハ54形500番代”5種類を販売」の話題を一つ。グリーンマックスは、Nゲージの「JR北海道キハ54形500番代」を5種類販売するという。この「JR北海道キハ54形500番代」は、寒冷地向けとして登場した21m級の両運転台式一般気動車で、平成15年から17年にかけて機器の更新工事が施工さ…
コメント:0

続きを読むread more

JR室蘭本線の追分駅1番ホームに「新看板」設置される。

続いては、「JR室蘭本線の追分駅1番ホームに“新看板”設置される」の話題を一つ。このたび、JR室蘭本線の追分駅1番ホームに「新看板」が設置された。この「新看板」は、『車のゲートウェイである道の駅D51ステーションと鉄道のゲートウェイである追分駅』の、2つの“ゲートウェイ”をつなぐ取り組みである。また、駅舎内には待合時間に追分駅の歴史を知…
コメント:0

続きを読むread more

JR札幌駅前で「留萌本線減便反対」署名活動。

今日は、「JR札幌駅前で“留萌本線減便反対”署名活動」の話題を一つ。市民団体・北の鉄路存続を求める会は2月1日、JR札幌駅前で、3月に予定されている留萌本線(深川―留萌間・50.1㌔)の減便に反対する「留萌本線減便反対」署名活動を行った。JR北海道は昨年12月発表のダイヤ改正で今年3月13日以降、留萌本線の普通列車3本を減便すると発表、…
コメント:0

続きを読むread more

421 ㈱東武鉄道の復元SL「C11形1号機」は「C11形123号機」に決定。

㈱東武鉄道は、3両目のSLとして現在復元中の「C11形1号機」を、「C11形123号機」として運行することを決定した。このSLは、昭和22年に滋賀県の旧江若鉄道の発注により日本車輌製造で製造され、客車を牽引し活躍したのち、北海道に渡り、昭和32年から北海道の雄別炭礦鉄道で、昭和45年から釧路開発埠頭で貨物列車を牽引して活躍した。その後、…
コメント:0

続きを読むread more