北海道新幹線利用者、初めて「在来線時利用者」を下回る。

続いては、「北海道新幹線利用者、初めて“在来線時利用者”を下回る」の話題を一つ。北海道新幹線の“新函館北斗―新青森間”の昨年度の利用客数は前年度比65%減の56万1千人で、開業直前の平成27年度に137万5千人を輸送した在来線の“函館―青森間”の半分以下に落ち込んだ。北海道新幹線の利用客数が在来線時代を下回ったのは開業5年で初めてで、新…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション827 ありがとう北国の18駅ポスター&2021.3.13改正 北海道ミニ時刻表〕

今回紹介するのは、3月13日のJR北海道のダイヤ改正で廃止された「ありがとう北国の18駅ポスター」と「2021.3.13改正 北海道ミニ時刻表」である。 ●ありがとう北国の18駅ポスター&2021.3.13 北海道ミニ時刻表
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション826〈ありがとう日高本線グッズ〉ミニのぼり&記念バッチ(2種セット)〕

今日紹介するのは、旭川市の鉄道雑貨の店・ぽっぽやから購入した、4月1日をもって廃止された〈ありがとう日高本線グッス〉の「ミニのぼり&記念バッチ(2種類)」である。 ●〈ありがとう日高本線グッズ〉ミニのぼり&記念バッチ(2種セット)
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション825〈日本国有鉄道⇒JR発足記念〉謝恩フリーきっぷ付きJRグループ線路図(昭和62年4月1日現…

今回紹介するのは、昭和62年4月1日に日本国有鉄道が民営化されJRが発足したのを記念して発売された「謝恩フリーきっぷ付きJRグループ線路図」(昭和62年4月1日現在)である。ちなみ大きさは、縦77㌢×横106㌢である。今となっては、廃止前の懐かしい路線名がみられる貴重な「線路図」である。なお、「謝恩フリーきっぷ」は付いていない。 …
コメント:0

続きを読むread more

JR札沼線一部廃止から1年、沿線3町で「跡地活用」に向けた動き広がる。

続いては、「JR札沼線一部廃止から1年、沿線3町で“跡地活用”に向けた動き広がる」の話題を一つ。JR札沼線の一部区間の廃止以降、新十津川や月形、浦臼の沿線3町では「跡地活用」に向けた動きが広がる。中でも、具体的な方針が固まり、先行しているのは新十津川町である。 〈新十津川町〉 昨年11月にJR北海道から譲渡された二つの駅舎やホー…
コメント:0

続きを読むread more

沼田町「JR留萌本線応援支援員」1名募集。

今日は、「沼田町“JR留萌本線応援支援員”1名募集」の話題を一つ。JR北海道が廃止・バス転換方針を示している留萌本線(深川―留萌間・50.1㌔)を巡り、沿線の空知管内沼田町は、地域おこし協力隊員として同線の利用増に向けた取り組みを進める「JR留萌本線応援支援員」を1名募集している。全国の鉄道存続に熱意のある皆さん、応募してみませんか。 …
コメント:0

続きを読むread more