426 NHK大河ドラマで注目の渋沢栄一が関わった「函館市電」。

“函館駅前-函館どつく前間”2.9㌔、“湯の川-松風町間”6.1㌔、“十字街-谷地頭間”1.4㌔、“松風町-函館駅前間”0.5㌔の合計10.9㌔2系統で運転する「函館市電」。この「函館市電」のルーツは、明治期に設立された亀函馬車鉄道で、のちの函館馬車鉄道(現在の函館どつく前と函館駅前付近を結ぶ路線)が最初だった。今年のNHK大河ドラマで…
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション841〈レプリカ前面絵幕〉国鉄キハ183系スラントノーズ・特急「おおとり」〕

今回紹介するのは、「国鉄キハ183系スラントノーズ・特急“おおとり”」の〈レプリカ前面絵幕〉である。この特急は、昭和39年10月1日のダイヤ改正で“函館―網走間”(660.8㌔)に登場したディーゼル特急である。660.8㌔という、今では考えられない10時間以上かかるロングラン運転で、札幌駅と遠軽駅の2カ所で進行方向が変わることもこの列車…
コメント:0

続きを読むread more