函館市電の「8101号」、車体改修終え帰函。

今日は、「函館市電の“8101号”、車体改修終え帰函」の話題を一つ。東京の整備工場で改修作業を行っていた函館市電の「8101号」の車体が12月20日、駒場車庫に戻った。今回は、冬の融雪剤使用で腐食した床下を補修したほか、行き先表示器を方向幕からLEDの電光表示に切り替えた。ちなみに「8101号」の車体は、平成14年に製造され、9月上旬に東京都内にある委託先の工場へ運び、床下や骨組み、内装を改修、前照灯や車内の照明もハロゲンランプや従来の蛍光灯からLEDに変更、総事業費は6350万円である。

●駒場車庫に戻った函館市電「8101号」PC221230.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント