JR北海道運転士、「乗務予定前日 覚せい剤」。

次も、「JR北海道運転士覚せい剤」について。JR北海道の運転士が「覚せい剤取締法違反(使用)容疑」で逮捕された事件で、30代の同社運転士が「覚せい剤は7月29日に江別市内で、1人で使用した」と供述していることが31日、警察への取材で分かった。同容疑者は翌日の30日も乗務予定で「数年前からやっていた」とも説明。覚せい剤は摂取後、体内に十数日間残るとされる。警察は過去に覚せい剤を使った状態で列車を運転していた疑いがあるとみて、調べている。

"JR北海道運転士、「乗務予定前日 覚せい剤」。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント