新型車両「キハ261系5000番台」による特急おおぞら運転。

今日は、「新型車両“キハ261系5000番台”による特急おおぞら運転」の話題を一つ。JR北海道では、10月31日(土)・11月1日(日)の両日、新型車両「キハ261系5000番台」の〈はまなす編成〉が特急おおぞらとして“札幌―釧路間”で運転された。この日は、特急おおぞら3号および8号に使用され、車内や停車駅ではそれぞれのおもてなしが行われ、一部区間では記念乗車証明書が配布された。なお今回の運転では、前面の表示器はシールではなく、LEDによる〈OZORA〉表示となっていた。

●JR根室本線を走る「特急おおぞら3号」PB020339.JPG

"新型車両「キハ261系5000番台」による特急おおぞら運転。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント