テーマ:地域間急行貨物

343 国鉄の「地域間急行貨物システム」。

国鉄の「地域間急行貨物システム」とは、貨物輸送においては、到着日時の明確化と速達とは不可欠の条件となっていて、国鉄では輸送方式の近代化策として、これらの条件を満たす列車の拡大を推進していて、昭和43年10月に発足した“地域間急行列車”は、少量で分散的な一般車扱貨物の速達と到着日時の明確化を図ることを主眼とした輸送方式である。この列車の輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more