テーマ:摩周丸シンポジウム

【シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」参加記〈2〉】

●シンポジウムの様子⑥(船の科学館の小堀学芸部調査役) ●シンポジウムの様子⑦ ●シンポジウムの様子⑧ ●シンポジウムの様子⑨(音楽評論家の湯川れい子さん) ●シンポジウムの様子⑩(世界的照明デザイナーの石井幹子さん) ●シンポジウムの様子⑪ ●懇親会の様子① ●懇親会の様子②
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」参加記〈1〉】

8月1日(木)、函館港に係留されている函館市青函連絡船記念館摩周丸で、シンポジウム「摩周丸とクルーズ船~保存船のある港―その価値と活用~」が開催され参加してきた。この日は、市民ら約30人が参加し、提言者として、音楽評論家の湯川れい子さん、JR東海の須田相談役、世界的照明デザイナーの石井幹子さん、船の科学館の小堀学芸部調査役等が出席し、基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more