テーマ:国鉄函館本線脱線事故

414 国鉄最大の車両脱線事故「函館本線貨物列車脱線事故」。

昭和51年10月2日午前4時42分ごろ、国鉄函館本線の“駒ヶ岳―姫川信号場間”の60㎞/h制限下り300Rカーブに、推定速度110㎞/h余りで下り貨物列車が進入し、貨車41両中40両と牽引機関車のDD51形ディーゼル機関車が脱線転覆した。これは当時、脱線車両数としては国鉄最大の事故であった。現場付近は、登坂線を小沼湖畔まで登って大沼駅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more