テーマ:北海道新幹線

年末年始のJR北海道利用者、前年並み~北海道新幹線は好調~。

今日は、「年末年始のJR北海道利用者前年並み」の話題を一つ。JR北海道は1月6日、昨年12月28日~1月5日の「利用実績」をまとめた。これによると、北海道新幹線と主要3区間の在来線特急の利用者数は、28万1300人と前年並みだった。開業後、初の年末年始を迎えた北海道新幹線が好調だった一方、台風被害から復旧した石勝線・根室本線は前年の7割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「新幹線雪害対策」を強化~三線分岐器(ポイント)に融雪装置~。

今日は、「北海道新幹幹線雪害対策強化」の話題を一つ。JR北海道は、開業後初めての厳冬期を迎えた北海道新幹線の安定輸送を図るために“雪害対策”を強化した。これは、貨物列車が走る在来線の幅が狭い線路と新幹線の幅広な線路を切り換える“三線分岐器(ポイント)”に新たな融雪装置を設けて不転換を防ぐとともに、線路上に残る雪を可能な限り減らすため、レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「北海道新幹線3時間台」へ検討着手。

続いては、「北海道新幹線3時間台へ検討着手」の話題を一つ。JR北海道は11月22日、函館市内の会合で、北海道新幹線と貨物列車との共用走行区間となっている「青函トンネル内(約53㌔)」の走行速度について、現状の時速約140㌔から、同160㌔程度に高速化する方向で検討に着手することを明らかにした。これにより、年内にも高速化した場合の影響の有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、「3時間台3年先送り」。

今日は、「北海道新幹線3時間台3年先送り」の話題を一つ。国土交通省は10月27日、北海道新幹線の「東京―新函館北斗間」を3時間台で走る新幹線を1日1往復は実現させる“目標時期”を、従来の『平成30年春まで』から『遅くとも平成32年度』へと、最大3年間先送りすると発表した。これは、高速走行に向けて青函トンネル内のレールを研磨する作業に、当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始のJR北海道、「北海道新幹線1日最大2往復増便」。

続いては、「北海道新幹線1日最大2往復増便」の話題を一つ。JR北海道は10月21日、冬季(12月1日~来年2月28日)の“臨時列車”の運行計画を発表した。これによると、北海道新幹線「はやぶさ」の56本を含め計282本を増便し、年末年始など冬の需要期に対応する。ちなみに、現在北海道新幹線は「はやぶさ」と「はやて」が“新青森―新函館北斗間”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、今日で「開業半年」。

今日は、「北海道新幹線開業半年」の話題を一つ。北海道新幹線の「新青森―新函館北斗間」が開業して、今日でちょうど半年になる。乗客数は前年同期の在来線の実績と比べて2倍に上る月もあるなど、順調に推移している。ただ、関東や東北から来る観光客の多くは、まだ函館市とその周辺にとどまっているのが実態だ。今後は、交通アクセスの改善や、魅力ある旅行商品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お盆期間中」のJR北海道利用者、大幅増。

続いては、「お盆期間中のJR北海道利用者大幅増」の話題を一つ。JR北海道は8月19日、「お盆期間中(10~18日)」の利用実績を発表した。これによると、3月に開業した北海道新幹線「新函館北斗―新青森間」の利用者数は10万5100人で、「在来線(木古内―青森・中小国間)だった前年同期より55%増となった。同社は『想定以上の利用者数だった』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線・お盆予約」、好調。

今日は、「北海道新幹線・お盆予約好調」の話題を一つ。JR北海道は7月28日、「お盆期間(8月10~18日)」の特急列車の“指定席予約状況”を発表した。これによると、3月26日に開業した北海道新幹線の予約は今月27日現在、前年同期の在来線特急と比べて約2.6倍の約7万3千席で、新幹線を含むすべての特急の予約は、前年同期比約1.7倍の約11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線開業効果」、続く。

続いては、「北海道新幹線開業効果続く」の話題を一つ。北海道新幹線「新青森―新函館北斗間」の6月の利用実績が1日平均約7900人に上ったことが、7月19日分かった。大型連休で観光客の利用が多かった5月に比べても、4%ほど伸びたもようだ。ちなみに、在来線の昨年6月の利用実績は同約4300人で、新幹線の利用客は2倍近くになっており、“開業効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウイーク期間中の「北海道新幹線利用者」、10万人超える。

今日は、「GWの北海道新幹線利用者10万人超」の話題を一つ。JR北海道は5月9日、大型連休中(4月28日~5月8日)の「利用実績」を発表した。3月に開業した「北海道新幹線(新函館北斗―新青森間)」の利用者数は10万7600人で、「在来線(木古内―青森・中小国間)」だった前年同期比93%増となった。また、座席数に対する乗車率は44%で、開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“タヌキ”に勝てなかった北海道新幹線~緊急停止の原因~。

続いては、「“タヌキ”に勝てなかった北海道新幹線」の話題を一つ。JR北海道は5月6日、東京発新函館北斗行きの北海道新幹線「はやぶさ29号」が5月2日夜、「木古内―新函館北斗間」を走行中に“緊急停止”した原因が、“タヌキ”をはねたのが原因だったと明らかにした。これは、線路脇に設置している防護柵の下の地面を掘って線路内に侵入したとみており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開業1カ月「北海道新幹線乗客」平均5395人。

今日は、「開業1カ月北海道新幹線乗客」の話題を一つ。国土交通省は4月26日、「北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)」の開業から約1カ月間(3月26日~4月22日)の「利用実績」を公表した。それによると、1日平均5395人で、前年同期の「在来線実績」と比べて約2倍だった。また、約1カ月間の「乗車率」は、25~26%程度とみられる。全国の新…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北海道新幹線乗客1日5700人~開業16日間で~。

今日は、「北海道新幹線開業16日間の乗客数」の話題を一つ。JR北海道は4月13日、「北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)」の開業から16日間(3月26日~4月10日)の「利用状況」を明らかにした。これによると、1日平均の乗客数は約5700人で、前年同期の在来線実績に比べて2.1倍、提供座席数に対する「乗車率」は27%だった。JR北海道で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線が青函トンネル内で「緊急停止」。

今日は、「北海道新幹線青函トンネル内で緊急停止」のニュースについて。青函トンネル内で今月1日、新函館北斗発東京行きの北海道新幹線が「緊急停止」していたことが5日分かった。これは、「在来線(貨物)専用レール」と「新幹線専用レール」の間に落ちていた金属片を通して、双方のレールの間に誤って電気が流れ、信号が赤に変わったのが原因とみられる。3月…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北海道新幹線、初の「一般向け試乗会」開催。

今日は、「北海道新幹線一般向け試乗会開催」の話題を一つ。JR北海道は2月13日午前、開業が3月26日に迫る北海道新幹線の「一般向け試乗会」を開催した。これは、14日と合わせた2日間に9倍を超える応募から抽選で選ばれた計約3千人が乗車する予定で、「新函館北斗―木古内間」(35.5㌔)を、開業時と同じ最高時速260㌔で片道13分間で計5往復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〔マイコレクション296 〈オリジナルフレーム切手〉北海道新幹線開業記念切手セット〕

今回紹介するのは、日本郵便北海道支社から1月25日に、1セット定価1900円で発売された「オリジナルフレーム切手・北海道新幹線開業記念切手セット」である。試運転で雪煙を巻き上げて疾走する北海道新幹線H5系車両などの写真やイラストが印刷された82円切手10枚に、北海道新幹線の路線図入りの特製台紙、クリアファイル状のチケットホルダーがついて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線」、GWまで最大3往復増発。

続いては、「北海道新幹線増発」の話題を一つ。JR北海道は1月22日、3月26日開業の「北海道新幹線」について、開業日から5月9日まて、「東京―新函館北斗間」に臨時の「はやぶさ」を最大3往復運行すると発表した。これは、多くの利用が予想される開業直後や大型連休などに対応するためとのことである。 ●北海道新幹線H5系車両
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線設備切換に伴う「列車運休」のお知らせ。

今日は、JR北海道からの「お知らせ」を一つ。北海道新幹線開業準備の最終段階として、開業直前に予定されている「地上設備最終切換」の「事前確認」を実施するため、“平成27年12月31日(木)深夜から平成28年1月2日(土)早朝にかけ、青函トンネルを走行する全ての旅客列車(特急「スーパー白鳥」・「白鳥」・急行「はまなす」)を運休します。また、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道、「北海道新幹線ダイヤ」正式発表。

今日は、「北海道新幹線ダイヤ正式発表」の話題を一つ。JR北海道は12月18日、来年3月26日に開業する北海道新幹線と、開業に合わせて改正する在来線の「運行ダイヤ」を正式に発表した。東京と新函館北斗を結ぶ直行列車は10往復20本で、所要時間は4時間2分~4時間33分で、大宮、仙台、盛岡、新青森のみに停車する最速列車を上下計3本運行する。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、「最速4時間2分」~東京―新函館北斗間~。

続いては、「北海道新幹線・最速4時間2分」の話題を一つ。JR北海道とJR東日本は12月3日、来年3月に「北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)」が開業するのに伴い、「東京―新函館北斗間」(約863㌔)を結ぶ「最速列車」の所要時間を「4時間2分」とする方針を固めた。沿線自治体などからは「4時間切り」を求める声が出ていたが、JR側は安全性を最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線・青函トンネル高速走行」、国交省に要望。

今日は、「北海道新幹線・青函トンネル高速走行要望」の話題を一つ。北海道新幹線の開業まで4カ月余りとなる中、北海道や北海道議会、青森県などは11月18日、貨物列車との「共用走行区間」での「高速走行」を国土交通省にあらためて要望した。ちなみに北海道新幹線は、「青函トンネル」など約82㌔の「共用区間」では、貨物列車とすれ違う際の風圧の影響を抑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線一般向け試乗会」、来年1月下旬~2月上旬に実施予定。

今日は、「北海道新幹線一般向け試乗会実施」の話題を一つ。JR北海道は、北海道新幹線開業前の「一般向け試乗会」を来年1月下旬~2月上旬に「木古内―新函館北斗間」で行なうことを決めた。これは、在来線が使用している「青函トンネル」では日中、新幹線が走れないためで、これにより北海道側の「新幹線専用区間」(片道35㌔)を使う短距離の「試乗会」とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝台特急「北斗星」の「牽引ディーゼル機関車」3両、ミャンマーへ輸出。

今日は、「寝台特急・北斗星の牽引機関車ミャンマーへ輸出」の話題を一つ。8月に運転を終えたJRの寝台特急「北斗星」を牽引した「DD51形ディーゼル機関車」3両が来春にも、ミャンマーで第二の人生を歩むことになった。JRから「ディーゼル機関車」を買い取り、輸出する予定の東京の貿易商社によると、室蘭港から来年3~4月ごろに輸出され、現地で貨車を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東京駅で「北海道新幹線開業PRイベント」開催。

続いては、「JR東京駅・北海道新幹線開業PRイベント開催」の話題を一つ。来年3月開業の北海道新幹線をPRするイベント「北海道 つながる物産・観光祭」が11月13日、JR東京駅地下1階で始まった。構内の壁や柱に数多くのポスターを張ったり、大型ビジョンで新幹線車両を紹介したりして新幹線や北海道観光をアピールしていた。また、高橋北海道知事は“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線「新函館北斗駅―東京駅間(普通車指定席片道)」、“22690円”に決定。

今日は、「北海道新幹線料金決定」のニュースを一つ。JR北海道は10月13日、来年3月26日に開業する北海道新幹線の「東京駅―新函館北斗駅間」の運賃と特急料金を合わせた「普通車指定席」の総額を“2万2690円”に設定すると発表した。また、最上級座席「グランクラス」を同区間で使用する場合は総額“3万8280円”となる。JR北海道はこの日、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌駅南口広場で初の「鉄道フェスティバル」開催。

今日は、「鉄道フェスティバル初開催」の話題を一つ。来年3月26日開業の北海道新幹線にちなんだ遊具やクイズが楽しめる初の「鉄道フェスティバル」が10月10日午前10時から、「JR札幌駅南口広場」で開催される。これは、北海道運輸局やJR北海道などでつくる実行委の主催で、『鉄道の日』の10月14日に合わせ、新幹線開業を盛り上げようと初めて企画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、「運行の全容」年末判明。

今日は、「北海道新幹線運行の全容判明時期」について。JR北海道は、12月の「運行ダイヤ発表」に向けた詰めの作業を加速し、年末には途中停車駅や「東京―新函館北斗間」の所要時間、運賃など運行体系の全容が明らかになる見通しだ。一方、沿線自治体や関係団体は、関連イベントやPR活動をさらに強化して開業ムードを盛り上げる方針だ。『東京駅から新函館北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線、「1日13往復」で最終調整。

続いては、「北海道新幹線1日13往復で最終調整」の話題を一つ。JR北海道とJR東日本が、来年3月に開業する「北海道新幹線」の運行本数を「1日13往復」とする方向で最終調整していることが8月26日分かった。「新函館北斗駅」と「東京駅」を結ぶ列車を10往復とするほか、「新函館北斗駅」と「仙台駅」、「盛岡駅」、「新青森駅」をそれぞれ始発・終着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北海道新幹線・H5系車両」、陸揚げ終盤。

今日は、「北海道新幹線・H5系車両陸揚げ終盤」の話題を一つ。来年3月開業予定の「北海道新幹線(新青森―新函館北斗間)」で運行されるJR北海道の「H5系車両」のうち、最後の4編成目となる車両の陸揚げが6月25日午前、函館港港町埠頭で始まった。1編成は10両で、全車両の陸揚げは数日中に完了する見通しである。これにより、昨年10月に最初の車両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線H5系車両「新青森駅」に初乗り入れ。

今日は、「北海道新幹線車両・新青森駅初乗り入れ」の話題を一つ。来年3月に開業する北海道新幹線の「H5系車両」が5月24日未明、青森県の「奥津軽いまべつ―新青森間」の38.5㌔で「走行試験」を開始し、初めて「新青森駅」に乗り入れた。これにより「H5系」は昨年12月に始まった「走行試験」で、「新函館北斗―新青森間」の全区間148.8㌔を走行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more